債務整理中のキャッシングについて

債務整理の手続き中で、急にお金が必要になった場合は、キャッシングは可能なのでしょうか。普通に考えれば、まず無理だと思われるでしょう。しかし金融機関によっては、任意整理や自己破産の手続き中でも借り入れが出来ることがあります。特に、中小レベルの消費者金融であれば、ブラックであっても借り入れは出来ます。借入額は少額ですが、きちんと利用と返済を繰り返していると、借り入れ枠を広げてもらうことが出来ます。また、大手の消費者金融であっても、ブラックで借り入れが出来る所はあります。この場合も、最初は5万円ほどの取引ですが、きちんと利用して返済していると、枠を広げてもらえます。
もう一つの大きな問題点は、手続き中であることに気付かれずに借り入れが出来るのかというものです。特に債務整理を行うということは、お金があまりない状況でもあり、10万円程度でもいいからキャッシングをしたいけど、審査の時の信用情報の照会が気になるという人も多いはずです。しかし今は、個人情報の規制が厳しいため、審査の段階で、任意整理や自己破産の手続き中であるか否かを確認することは出来ないようになっています。ですから、キャッシングが出来る可能性は高まります。
それでは、もし債務整理中であることが発覚した場合はどうなるのでしょうか。これは、任意整理の場合は、まず債権者側が応じなくなり、弁護士や司法書士が代理人を断るケースもあります。また、自己破産の場合は免責が下りなくなることがあります。免責が下りない場合は、破産宣告は出来ますが、返済をしなければならなくなり、債務を帳消しにすることは不可能になります。債務整理中にキャッシングを行うということは、このようなリスクと裏表であるということです。
また、債務整理を行うということは、借金やクレジットカードの支払いが出来なかったということでもあります。ですから、その最中に別にお金を借りると、またその分債務が増え、八方ふさがりの状態にもなりかねませんので、それでもお金を借りたい場合は、その点をよく考えたうえで、キャッシングの申し込みを行うようにしましょう。またこのような場合は、ヤミ金に引っかかることも往々にしてあります。ヤミ金は違法の金融業者で、高金利でお金を貸し、返済できない時は厳しい取り立てをします。ブラックでも多額の融資をしますという触れ込みでお金を貸していますが、利用するとかなり厄介なことになりますので、絶対に利用しないようにしてください。